フィリピンの子どもたちを支援する国際ボランティア団体

栄養障害児救済事業

給食支援活動

フィリピンでは学校給食制度がほとんどなく、貧困家庭では1日1食の食事がやっとです。

給食支援活動は、極貧家庭の栄養失調の子どもたちに給食を支給し、健康維持と成育に寄与することを目的とする活動です。

親から子どもへと繰り返される貧困の連鎖は、生きていくための基礎教育を受けていないことが原因です。

空腹で授業に集中できない、基礎学力が身につかない。これらを克服するために、子どもたちの空腹を満たし、通学や学ぶ機会を充実させ、学力を向上させます。さらには、子どもが自立して生きられるようにとつなげていきます。

2006年セブ州で給食支援活動を開始。現在では、ラグナ州の小学校にて100人の児童を対象とし給食を支援しています。

※「栄養障害児救済事業」は、小学校での給食支援事業として行っています。

 

サウスビル栄養障害児救済事業(ラグナ州)

ルソン島ラグナ州サウスビル第1小学校の場合、全校児童約6,000人のうち欠食児童は約1,500人。
この1,500人の中から最も状態の悪い児童100人を選んで受給児としています。
ある程度改善された児童はさらに状態の悪い児童と入れ替える予定です。
心が痛みますが、現状では資金的な限度がありますので、地元の自立・発展に期待するしかない状態です。

2015年6月から新体制でスタート。
アイーダ・V・マラーニャ校長の指揮の下、フィナンシャルレポートやメニューも整えられています。
開始より1ヶ月ごとに対象児童の身長、体重の測定リストも報告されています。
開始してから4ヶ月目の報告では、かなりの児童の状態が改善してきました。

この活動により、給食を受けた子どもに大きな改善の成果が見られ、ラグナ州教育省から表彰を受けました。

これからもできるだけ長く継続支援していきたいと強く思います。

1食予算は日本円で98円ほどです。
皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

 

2016年よりスタディ・ツアーを開始

夏休みを利用して学生ボランティアを現地に約1週間派遣、ホームスティで異文化を体験しながら給食活動や日本語授業等を実施することで、子どもたちとの交流を行います。

 

2016 栄養失調児童救済の給食事業  第1回スタディーツアー

   場所 ラグナ州カブヤオ市ニューガン サウスビル第一小学校
   参加ボランティア人数 8名
        南山大   男1名 女1名
        愛知淑徳大 男1名 女 1名
        岐阜大 女1名
        沖縄立浦添工業高校 女1名
        愛知大 女2名
               男2名 女6名 (3大学、1高校) 
   期間 2016 8/21 ~27

       活動内容 1人1家庭のホームスティー 学校内で、午前から 100食分と自分たちの分の昼食― 給食づくりと配 膳、後片付け。午後授業;日本語の勉強;50音文字の読み書き、から授業で教える。マスゲーム。

 

2017栄養失調児童救済の給食事業 第2回スタディーツアー

  場所 ラグナ州カブヤオ市ニューガン サウスビル第一小学校
  参加ボランティア人数 13名  引率RASA 1名  
    名古屋大学大学院 女1名(リピーター)
    南山大   男6名(リピーター2名)女2名((リピーター1名)
    椙山女学園大   女2名 (リピーター1名)        
    愛知大      女1名
    至学館大     女1名        
             男6名 女7名 (5大学)
             リピーター5名((学校建設活動参加者) 
  期間   2017 8/20 ~27 8日間  
  活動内容 1人1家庭のホームスティー 
  学校内で、午前から 120食の昼食づくり、配膳、後片付け―
     午後;午後授業;日本語の勉強;50音文字の読み書き、から授業        で教える。マスゲーム。折り紙、マスゲーム、カブヤオ市へ市場など訪問し、給食材料の購入、
  帰国前日;マニラ動物園見学、ショッピングモールで買い物、見学、夕食

2018栄養失調児童救済の給食事業 第3回スタディーツアー  

 2018.9.2~9 スタディツアーの一行15名。南山大、椙山女子学園大、滋賀大、三重短期大から14名の学生とRASA-Japanから藤井忠子理事参加し、一行15名でした。
Niugan Southville 第一小学校で、年間を通じて栄養失調児童100名の給食提供を本年も実施しています。今年は3年目です。その現場実習として約一週間のスタディツアーを行ったものです。給食現場のほか、日本語学習も人気のあるプログラムでした。

 

生活支援

フィリピンの貧困家庭にとって、子どもは大切な収入の稼ぎ手であるために通学ができない現状があります。 私たちは、子どもを学校に通わせる経済環境つくりの一つとして「生活支援」も行っています。

RASA Feeding programの経過

2011Southville 小学校の近くの民家で給食開始。
学校建設時に極貧の家庭欠食児童15人に給食のの給支援を懇願され、緊急を要することで、予算も計画もないまま、現地でスタート
2012RASAから支援694,000円サポート。
資金難でも次年度継続遂行のために、助成金の応募し、合格
2013MORIKORO 基金から803,000円助成金受けた。
助成金を受け、現地と綿密な打ち合わせで、25名で1年間実施 現地責任者Emma 他3人の人件費含む。
2014RASAからの資金で50名の給食を1年間実施。
昨年同様Emma 責任者で管理運営ずさんな会計、資金の不正流用が判明。
担当を外し、支給場所を年度末に移し、学校に運営管理を依頼し、学校長と契約を結ぶ。
2015Southville 1 小学校で、管理運営を引き受けてもらい、給食づくりで3人雇用。
・欠食児童1年生から6年生から支援必要度の高い欠食児童50人を対象に支給。
・固有の給食室準備してもらい、
・校長が責任者で、先生2名がコーディネイター、調理人1、ヘルパー2名を雇用。
・毎月。出欠データ、体位測定、会計報告、写真等報告を受ける。
・6月から翌年3月までの学校年度で実施。
2016・同校で、支援児童数を2倍の100名(対象を5.6年生各50名)に支援を増やす。
・小学校を欠席したり、落第することなく卒業できるように、高学年を校長が選定。
・メニューに、ミルクを毎食加える
・ラグナ州教育省からRASAのFeeding Programが成果を認められ表彰される。
極貧の児童の体位向上、学習意欲が向上し、生き方が前向きになった。出席率改善、6年生対象児童全員卒業という目覚しい実績により、ラグナ州から、表彰受賞。
・8月給食活動と授業の第1回Study Tour実施。学生8人ボランティアと、ホームステイ、学校での調理実習等を学校の協力を得て行う。
2017・給食室の設備改善(扇風機、照明、電源、調理場所改装、床タイル張り、壁面塗装),手洗場の新設
・同小学校前年と同様の活動。メニューにビタミン剤を毎食加え、児童の発育健康維持に寄与する。
・今年度も、ラグナ州教育省からRASAProgramの成果に対し、表彰される。
・8月給食活動と授業の第2回Study Tour実施。学生13人ボランティアと、 ホームステイ、学校での調理実習、食品購入等を学校の協力を得て、行う。
2018・新校長とFeeding Program 実施の協力依頼と、実施の内容の契約、Study Tour の打ち合わせに、5月出張。
・第3回Study Tour 9月2日~9日実施予定。
 
PAGETOP
Copyright(c)2018 RASA Japan All Rights Reserved.